愛知県名古屋市の飲食店開業、接待飲食等営業、風俗営業許可、食品販売業許可、食品製造業許可、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)の融資申請サポート

飲食店開業サポート.com
愛知県で飲食店・風俗店の営業許可取得、資金調達の開業サポートをします。
飲食店営業許可風営許可のご依頼、お問合わせは
 052−618−6346
(年中無休 9:00〜21:00)
行政書士ひかりコンサルタント事務所
  TOP   サイト運営者  飲食店開業に役立つおすすめ本     
個人ではじめるか、会社を設立するか
飲食店を開業する場合、その多くは個人事業主としてスタートします。

平成18年5月、新会社法が施行され最低資本金制度が撤廃されました。
これ以前は株式会社の場合、資本金が最低1000万円必要だったのはご存じのとおりです。
現在は極端な話ですが1円で株式会社をつくることができます。

では飲食店の開業は会社で始めた方がよいのでしょうか。

個人で開業する場合のメリット、会社として開業するメリットをあげてみます。

株式会社で開業する場合、会社の設立登記をしなくてはいけません。
定款や各証明書など専門的な書類が必要になります。
これらの手続きに加え、税金や認証手数料などが約25万円ほどかかります。



Sponsored Links






しかし、株式会社にすると社会的信用度があがります。
大企業などと取引する場合、社内的なルールで法人以外原則的に取引をしないという会社がほとんどです。
また銀行など民間の金融機関やリース会社と取引をする場合も個人事業主よりは株式会社の方が信用性が高いといわれます。
そして資金が集めやすく店舗を大きく拡大したい場合など非常に有利です。

一方個人事業は登記などは必要ありません。
定款も必要ありませんし、手続きに必要な書類も届け出だけで済みます。
費用は一切かかりません。
事業内容などの変更も定款がありませんから、自由に変更できます。

これらのことを考えると、新しい会社法の元でも、個人事業として開業し、規模が大きくなってきたら(従業員などを雇う必要ができてきたら)株式会社に変更するというのが、よい方法ではないでしょうか?


個人事業のはじめ方は次のページでご説明していきます。

開業に必要な税務、社会保険などの手続き






Sponsored Links


飲食店経営の基礎知識

飲食店経営という仕事

開業編

資金調達の計画

事業計画を立てよう

個人ではじめるか会社を設立す るか

開業に必要な税務などの手続き

無料相談、お問合わせはこちら 

飲食店営業許可の手続き、公的融資(日本政策金融公庫)のご相談についてメール相談を受け付けております。(初回無料)


飲食店営業許可申請代行サービスのお申し込みはこちら


サイト運営者


事務所概要
 
お問合わせ

よくあるご質問

プライバシーポリシー

リンク

飲食店営業許可手続き、公的融資申請サポート対応地域
   愛知県名古屋市全域 (熱田区、北区、昭和区、千種区、天白区、中川区、中区、中村区、西区、東区、瑞穂区、緑区、 港区、南区、名東区、守山区) 愛知県愛西市、安城市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、大府市、岡崎市、尾張旭市、春日井市刈谷市、蒲郡市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、新城市、瀬戸市、高浜市、田原市、知多市、知立市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、豊川市、豊田市、豊橋市、西尾市、日進市、半田市、碧南市、弥富市、その他、三重県四日市市その他、岐阜県岐阜市その他



copyright 2008 ©  行政書士 ひかりコンサルタント事務所