愛知県名古屋市の飲食店開業、接待飲食等営業、風俗営業許可、食品販売業許可、食品製造業許可、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)の融資申請サポート

飲食店開業サポート.com
愛知県で飲食店・風俗店の営業許可取得、資金調達の開業サポートをします。
飲食店営業許可風営許可のご依頼、お問合わせは
 052−618−6346
(年中無休 9:00〜21:00)
行政書士ひかりコンサルタント事務所
  TOP   サイト運営者  飲食店開業に役立つおすすめ本     
飲食店の営業許可営業施設の基準
飲食店営業や喫茶店営業を始める場合、その営業施設は一定の営業基準を満たしている必要があります。
食品衛生法には、飲食店営業について求められる施設の基準を、各都道府県の条例で定めなければならないとしています。
ここでは愛知県名古屋市の例をとりあげてその基準をご説明します。
許可を要する営業施設の基準は、全業種に共通して必要な事項と個々の業種について必要な事項の二つに分けて定められています。
Aの共通基準とBの業種別基準のそれぞれに適合しなければなりません。

営業施設の基準
 A 共通基準 1.営業施設は、ごみ埋立地、湿地その他公衆衛生上不適当な場所に位置しないこと。

2.営業施設は、計画取扱量に応じた広さを有すること。

3.営業施設においては、食品又は添加物を製造し、加工し、調理し、保存し、又は販売す る場所(以下「製造場等」という。)器具又は容器包装を洗浄し、消毒し、又は殺菌する 場所(以下「容器洗浄場」という。)、原材料置場及び製品置場は、間仕切りその他の  方法により住居その他の施設から区画されていること。

4.製造場等、容器洗浄場、原材料置場及び製品置場には、冷却、保温、殺菌等を必要と する場合その他特別の理由がある場合を除き、十分に採光又は照明及び換気を行う ことができる設備が設けられていること。

5.製造場等、容器洗浄場、原材料置場及び製品置場には、ねずみ、昆虫等により食品、 添加物、器具及び容器包装が汚染されないような設備が設けられていること。

6.製造場等、容器洗浄場及び原材料置場には、食品、添加物、移動して用いる器具及  び容器包装をそれぞれ衛生的に保管することができる設備が設けられていること。

7.製造場等には、原材料の洗浄設備及び従業員専用の流水式手洗い設備が設けられ ていること。

8.製造場等及び容器洗浄場には、計画取扱量に応じた数及び大きさの機械器具及び容 器包装が備えられていること。

9.製造場等及び容器洗浄場の機械器具類のうち、固定した機械器具類及び移動し難い 機械器具類は、洗浄しやすい位置に配置されていること。

10.製造場等及び容器洗浄場には、飲用に適する水を十分に、かつ、衛生的に供給する  ことができる設備が設けられていること。

11.製造場等及び容器洗浄場には、汚水を衛生的に屋外へ排出することができる設備が  設けられていること。

12.製造場等、容器洗浄場、原材料置場及び製品置場の周囲の地面は、清掃しやすく、  かつ、排水しやすいようにされていること。

13.営業施設には、更衣室が設けられ、又は更衣箱が備えられていること。

14.営業施設には、耐水性材料(厚板等水により腐食しにくいものをいう。以下同じ。)で   作られ、ふたがあり、かつ、汚液及び汚臭の漏れない構造の廃棄物容器が備えられ  ていること。

15.便所には、ねずみ、昆虫等の出入りを防ぐことができる設備及び専用の流水式手洗  い設備が設けられていること
 B 業種別営業
(飲食店営業)
1.営業施設には、調理場及び客席が設けられ、かつ、それぞれ一定の区画がされてい  ること。ただし、客席の設置については、当該営業施設において客に直接飲食させない 場合は、この限りでない。

2.調理場の床は、不浸透性材料(コンクリート、ステンレス、合成樹脂等水が浸透せず、 かつ、さびないものをいう。以下同じ。)又は耐水性材料で作られていること。

3.調理場の側壁は、床面から少なくとも高さ1メートルまでの部分は、不浸透性材料又は 耐水性材料で作られ、又は腰張りされていること。

4.調理場及び客席には、天井が設けられていること。ただし、客席の天井の設置につい ては、衛生上支障がないと認められる場合は、この限りでない。

5.調理場には、器具及び容器包装の洗浄設備及び消毒設備又は殺菌設備が設けられ ていること。

6.調理場には、食品を摂氏十度以下で保存することができる冷蔵設備が設けられ、かつ 、冷蔵設備には、温度計が見やすい位置に備えられていること。

7.放冷を必要とする食品を取り扱う場合にあっては、調理場の適当な場所に放冷設備が 設けられていること。 
B 業種別営業
(喫茶店営業)
1.営業施設には、調理場及び客席が設けられ、かつ、それぞれ一定の区画がされてい  ること。ただし、客席の設置については、当該施設において客に直接飲食させない場合 は、この限りでない。

2.調理場の床は、不浸透性材料又は耐水性材料で作られていること。

3.調理場の側壁は、床面から少なくとも高さ1メートルまでの部分は、不浸透性材料又は 耐水性材料で作られ、又は腰張りされていること。

4.調理場及び客席には、天井が設けられていること。ただし、客席の天井の設置につい ては、衛生上支障がないと認められる場合は、この限りでない。

5.調理場には、器具の洗浄設備及び消毒設備又は殺菌設備が設けられていること。

6.調理場には、食品を摂氏十度以下で保存することができる冷蔵設備が設けられ、かつ 、冷蔵設備には、温度計が見やすい位置に備えられていること。 


 B 菓子製造業 1.営業施設には、製造場、原材料置場及び製品置場が設けられているほか、必要に応 じて容器洗浄場が設けられ、かつ、それぞれ一定の区画がされていること。ただし、原 材料置場又は製品置場の設置については、製造量が少ない場合であって、製造場内 に原材料又は製品を衛生的に保存することができる設備が設けられているときは、こ  の限りでない。

2.製造場、原材料置場及び製品置場の床は、不浸透性材料又は耐水性材料で作られ  ていること。

3.容器洗浄場の床は、不浸透性材料で作られ、かつ、排水が十分に行われるような構造 であること。

4.製造場、原材料置場及び製品置場の側壁は、床面から少なくとも高さ1メートルまでの 部分は、不浸透性材料又は耐水性材料で作られ、又は腰張りされていること。

5.製造場には、天井が設けられていること。

6.製造場及び容器洗浄場には、器具及び容器包装の洗浄設備及び消毒設備又は殺菌 設備が設けられていること。

7.原材料置場及び製品置場(原材料置場又は製品置場が設けられていない場合にあっ ては、製造場及び原材料置場又は製品置場)には、原材料又は製品を摂氏十度以下 で保存することができる冷蔵設備が設けられ、かつ、冷蔵設備には、温度計が見やす い位置に備えられていること。ただし、当該冷蔵設備が原材料置場若しくは製品置場  又は製造場のいずれかに設けられている場合であって、原材料と製品とを区別して保 存することができるようにされているときは、この限りでない。

8.製造場には、添加物その他の原材料を使用量に応じて計量することができる計器又  は設備が設けられていること。 
 B 乳類販売業 1.営業施設には、販売場が設けられていること。

2.販売場の床は、不浸透性材料又は耐水性材料で作られていること。

3.販売場の側壁は、床面から少なくとも高さ1メートルまでの部分は、不浸透性材料又は 耐水性材料で作られ、又は腰張りされていること。

4.販売場には、天井が設けられていること。

5.販売場には、乳類を摂氏十度以下で保存することができる冷蔵設備が設けられ、かつ 、冷蔵設備には、温度計が見やすい位置に備えられていること。

6.販売場には、必要に応じて器具の洗浄設備が設けられていること。

  この他にも業種別基準があります。詳しくはお近くの保健所または専門家におたずねください。



飲食店経営を始める前に

飲食店経営という仕事

開業編

資金調達の計画

事業計画を立てよう

個人ではじめるか会社を設立す るか

開業に必要な税務手続きなど


PR


小さなお店を繁盛させる黄金レジェンド

飲食店経営で劇的に繁盛する180日プログラム!

2000万UPの90日で満席になる!究極の簡単集客法!!

ドン底だった飲食店が一躍繁盛店へと大逆転!わずか60日でお客さんを2倍にする、誰にでもカンタンにできる集客方法!

無料相談、お問合わせはこちら 

飲食店営業許可の手続き、公的融資(日本政策金融公庫)のご相談についてメール相談を受け付けております。(初回無料)

飲食店営業許可申請代行サービスのお申し込みはこちら


サイト運営者


事務所概要
 
お問合わせ

よくあるご質問

プライバシーポリシー

リンク

飲食店営業許可手続き、公的融資申請サポート対応地域
   愛知県名古屋市全域 (熱田区、北区、昭和区、千種区、天白区、中川区、中区、中村区、西区、東区、瑞穂区、緑区、 港区、南区、名東区、守山区) 愛知県愛西市、安城市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、大府市、岡崎市、尾張旭市、春日井市刈谷市、蒲郡市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、新城市、瀬戸市、高浜市、田原市、知多市、知立市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、豊川市、豊田市、豊橋市、西尾市、日進市、半田市、碧南市、弥富市、その他、三重県四日市市その他、岐阜県岐阜市その他



copyright 2008 © 行政書士 ひかりコンサルタント事務所